お店のイメージ作りは難しい

お店のイメージ作りは難しい

お店のイメージ作りは難しい

ヘアサロンはインテリアや外装、内装ともに、かなり凝ったものが多く見られます。これは、インテリアなどに何かしらコンセプトがあったりするためで、その為に、色を統一したものにします。ファッションやトレンドに影響される職種である為に、流行やファッショナブルなものを演出するというイメージも戦略の一環でもあります。

 

もちろんこうしたイメージ戦略以外にも、美容室には最先端の機材やしっかりとした技術をもつスタッフなどもあり、いろいろな要素が存在しています。美容室オーナーのセンスの見せ所とも言えて、お店のイメージによって、どのような客層に影響を及ぼすのか、また、どれくらいの年齢層の人をターゲットにして、イメージ作りをしていくのかなど、かなり多くの考えるポイントがあり、頭を悩ませるところです。

 

お店のキャパシティをどうするので、雇う美容師さんの数も違ってきますし、特に都心部ではテナントの家賃も高くなっています。こうした事も考えつつ、美容室のコンセプトからインテリア、内装で、それぞれのイメージを合わせ、そしてお店の広さ等をよく考えて、一番適切な範囲のお店を作っていかなければいけません。


ホーム RSS購読 サイトマップ